ボタンのデコまち針 作り方?


< ページ移動: 1 >

 
*ボタンのデコまち針 作り方?
 
ここからは、ヴィンテージプラスチックカボションデコパーツ樹脂粘土(穴なし)のデコまち針も
同じ作り方です。
 
ピンバイスで、ボタン下面の中央に針穴を開けていきます。
 
プラスチックの素材には、柔らかいものと硬いものがあります。
 
硬いプラスチックに針穴を開ける際、 ピンバイスがスムーズに進まないことがありますが、
その場合は、ドリル刃にプラスチックのクズが巻きついていますので、
ピンバイスを一旦針穴から抜いて、クズを取り除いて下さいね。
無理に進めようとすると、ドリル刃が折れますので気をつけて下さい。
 
ビンテージプラスチックカボションのように、
薄くて柔らかい素材のプラスチックに針穴を開ける際は、正確にまっすぐにピンバイスを進めて下さい。
進める方向が少しでも斜めになっていますと、表や裏にドリル刃が突き抜けて穴が開いてしまいますので、
表裏面を確認しながら、丁寧に、ゆっくり進めて下さいね。
 
※ドリル刃は、まち針の太さや飾るモチーフの厚さに合わせて使い分けて下さいね。
 
最初から太い.ドリル刃で開けようとすると、なかなかピンバイスが先に進んで行きませんので
 
まずは、0.3ミドリルリ刃を使って針穴を開けておくと良いですよ。 
 
面に対して垂直にドリル刃を当て、まっすぐに開けて下さいね。
 
開ける針穴の長さは、ボタン(他モチーフ)のサイズの3分の2がベストです。
 
私は、0.8ミリのドリル刃の長さを目安にしています。このくらいです。
 
次に0.8ミリのドリル刃で同様に開けます。
 
針穴が開いたら、セルまち針のセルをカットした針の接着部分にサンドペーパーをかけ、
 
接着剤 エポキシを付け針穴に接着。
 
はみ出した接着剤を拭いて、ピンクッションにまっすぐに立てて乾かします。
 
作り方の詳細はこちらをご覧下さいね♪
 
乾くまで約10分間お待ち下さいね。
 
接着剤が固まったら完成です。 
 
デコまち針の接着確認方法はこちらをご覧下さいね♪
 
お疲れ様でした。
 
まずは、お手持ちのボタンで作ってみられては如何ですか?
 
ビーズまち針と合わせてプレゼントにもどうぞ!
 
最後までお付き合い下さいまして有難う御座いました。
 
 Merci
 

< ページ移動: 1 >


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Copyright(C) 2009
デコまち針Mobile