クロスのデコまち針:デコまち針

おすすめ情報


クロスのデコまち針

淡水パール クロスのデコまち針

 
*淡水パール クロスのデコまち針
 
淡水パール クロスのデコまち針1
 
淡水パール クロスのデコまち針2
伊勢志摩の淡水パール クロスで作った
 
デコまち針です。
 
お色は、清楚なホワイトに
 
ピンクとブルーが浮かぶレインボーと
 
爽やかなペパーミントグリーン。
 
照りと光沢が良い美しいクロスです。
 
キラキラと輝いてとても綺麗ですよ。
 
お上品なデコまち針が出来ました。
 
いろいろな形のパールで作ってみられては如何ですか?
 
 
ティンカーベル
 材料:サンドペーパー(細目)
           接着剤エポキシ
    長めのまち針 長さ 4.5cm・太さ0.5ミリ
      淡水パール クロス 1.5×8ミリ
 
 
 
ドイリー グレーのサムネール画像
淡水パールとは?
 
イケチョウ貝やカラス貝といった、淡水生の貝の中に出来る真珠は淡水パール(淡水真珠)と呼ばれます。
現在流通している淡水パールのほとんどは養殖によって生産されています。
養殖の際に母貝内に外套膜片のみを挿入し、核を挿入しないことから真珠が真円には育たずライス型や
ドロップ型といったさまざまな形状の真珠が得られます。その色も、オレンジや紫など多岐にわたります。
淡水パールのうち、粒が小さく安価なものはビーズとして使用されます。
近年では核を挿入して10mmを超える大玉も産出されるようになりました。
アコヤガイや他の真珠と同様の核を使う場合と小玉の淡水真珠を使う場合とがあります。
パールは、お嫁入り道具のひとつでもあります。