デコ電スワロ&スワロパール:デコまち針

おすすめ情報


デコ電スワロ&スワロパール

デコ電スワロフスキーとスワロフスキーパールのデコまち針*キング*

 
*デコ電スワロフスキーとスワロフスキーパールのデコまち針*キング*
 
ピンクッションの中で、ひときわ輝きを放っているデコまち針*キング*と呼んでいます。
 
デコ電スワロフスキーとスワロフスキービーズのデコまち針*キング*1

デコ電スワロフスキーとスワロフスキービーズのデコまち針*キング*2
チュールレースのフリルの中で・・・
 
凛とした表情の立ち姿。
 
このデコまち針・・・
 
息子が作ってくれました。
 
なので*キング*と命名。
 
私の一生の宝物です。 

  
デコ電スワロフスキーとスワロフスキービーズのデコまち針*キング*3
息子が、自分の時計をデコるのに
 
購入したデコ電スワロです。
 
お色は、ブラックダイヤ。
 
サイズは、ss5  約1.8ミリ。
 
キラッ!キラッ!に輝いて、
 
素敵にイメチェンした時計にご満悦~♪
 
そして、スワロが数十個余りました。 

 
私が、デコまち針を作ってる傍で「このスワロを貼ってみたらどう?」って
ちぃ~っちゃなデコ電スワロを、慣れた手つきでどんどん貼っていくではありませんかぁ~
機を織る鶴のように、徹夜で独りもくもくと時計をデコった息子・・・デコる姿を全く見ていない母。
鶴は・・・いえ、息子は・・・いつの間にそんなに器用になったのよぉ~っと
関心してる間にもう全部貼り終えていました。<早っ!!
このスワロの煌きに統一感を持たせるために、スワロ パールとスワロ ソロバン型を飾りました。
 
あら~綺麗~っ!キラッキラ~ッ!素敵~っ!息子に感謝です。ありがとうね。
 
デコ電スワロフスキーとスワロフスキービーズのデコまち針*キング*4
 
クリスタルやピンクなど、いろいろなお色で作るとまた表情が変って素敵でしょうね。
長めのまち針を使うと、少々大きめのモチーフでもお裁縫の邪魔になりません。
また、表面がポコポコしているので、持ちやすくて、使いやすく重宝しています。
とにかく出番が多い*キング*です。
 
スワロフスキーは、「最高級のクリスタルガラス」です。
その輝きには、誰もが魅了されます。
もっとも種類が多く、カラーバリエーションが豊富です。
 
*キング*独りでは寂しいので、次回はクリスタルのデコ電スワロで*クィーン*を作ってもらいましょっ!
 
キングの土台になっているデコまち針「アクリルビーズ カラフルハートのデコまち針」はこちら♪
 
 
ドイリーのサムネール画像
 
スワロフスキーとは?
 
スワロフスキー(Swarovski)は、1895年にオーストリアのチロル州に創立された
クリスタル・ガラス製造会社です。
創業者はダニエル・スワロフスキー(Daniel Swarovski)。
ヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツなども手がけ、
オーストリアを代表するクリスタル・ガラスモチーフで国際的に有名。
独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスの製造技術を生かし、
最近ではラインストーンをはじめ、ビーズ・ペンダントトップ・ボタンといった
アクセサリー製品の製造も行っています。
スワロフスキー・クリスタル・ガラスは、
通常のクリスタル・ガラス(酸化鉛 (PbO) の含有量比は約24%)に比べ、
酸化鉛が最低32%と多くなっているため、通常のクリスタル(透明)カット製品でも、
光の反射加減により虹色に見えることがあります。